自信を取り戻したいなら女性育毛剤を使うべき

男性と女性

栄養バランスを考える

抜け毛や薄毛を進行させないようにするためには、日頃の生活習慣が関係していることもあります。栄養バランスを整え、睡眠をたっぷり摂るなど、規則正しい生活を送るようにしましょう。また、ヘアケア製品の使い過ぎにも気をつけましょう。

男性用と女性用の特徴

婦人

女性ホルモンを活性化する

男性と女性とでは、頭皮の特徴も薄毛の原因も違います。そのため、育毛剤も男性用と女性用とでは、異なる特徴があります。男性用の育毛剤は、男性ホルモンを抑制する成分を配合していて、男性型脱毛症を予防する効果があります。男性型脱毛症は男性の8割以上に当てはまる薄毛なので、男性用の育毛剤はほとんどの男性の薄毛に効果的です。また、男性ホルモンは皮脂を過剰分泌させます。そのため、男性は皮脂が多く脂っこい頭皮の人が多いので、男性用育毛剤は皮脂抑制成分も多く配合しています。さらに、爽快感の出るメンソール成分を配合している育毛剤も多く、使用すると不快感が取れてスカッとします。女性育毛剤は、女性ホルモンの活性化につながる成分を配合しています。女性ホルモンが少なくなると、軟毛・抜け毛になり、放置すると薄毛になります。女性ホルモンを増やすことは、抜け毛予防のために大切です。女性育毛剤に含まれている女性ホルモンにアプローチする成分は、薄毛にならない頭皮を作る働きをします。しかも、敏感肌やアレルギーの人でも使えるように、無添加で化学成分を含んでいない女性育毛剤ばかりです。女性ホルモンの減少は、冷え性や新陳代謝の乱れ、お肌の乾燥などを引き起こす原因です。そのような症状はお肌によくないですが、頭皮にもよくないのです。女性育毛剤で女性ホルモンの分泌が増えれば、自然に頭皮の冷え、新陳代謝の乱れ、乾燥などの症状が改善されます。

男性

毛髪再生に働きかける治療

薄毛改善の治療法には、ハーグカクテルを使ったハーグ療法があります。毛髪再生に効果を発揮する成分を頭皮にあたえることで、次第に発毛促進が見られるようになります。ハーグ療法で効果を出やすくするには、専門のクリニックを選んだり、定期的な治療を続けていくことが大切です。

悩む人

薄毛の悩みを解消しよう

大阪で自毛植毛施術を受けることにより、自然なヘアサイクルを取り戻すことが出来ます。自分の細胞を使うため、人工毛を使用する場合と比べて定着しやすいというメリットがあります。しかし、それも豊富な実績、高い技術のある医師による施術であればこそのことです。